改めてDBCを思う


「落ち着いて便利で使いやすい。」
先日、DBCをレンタルしてくれてる方がブログに書いてくれた。
また初めてレンタルした方がわざわざ連絡をくれた。
気に入って使ってくれていてすごく嬉しかった。

ご存じの通りスタジオとは言いがたいボロボロのレンタルルームですが、何とか快適に使えるようにしたい思いで現在の形になりました。
センター長にも自由にやらしてもらっています。

始めた頃を思い返せばとても快適ですが、暑さ寒さ対策、床のコンディションなど欲が出てきます。
なかなかそこまでは改善できないのが辛いところですがつい頭の片隅で教室の環境について考えてしまいます。

皆さん気づいているかどうか。
隙間だらけの木造、しなりまくる床、だから耳にも腰にもやさしいのです。
そして慣れるとなーんか落ち着く。(笑)
羨ましくなるような立派なスタジオでも踏みにくいところもけっこうあるんだなぁ。
でもやっぱり広くてきれいなスタジオは羨ましいですが。
そもそも、以前の管理人がDBCのなんとも言えない摩訶不思議な空間を作られました。
初めから私一人で作ったならば、きっとこんなふうにはできてなかったと思います。
このなんとも言えない抜け感。ぬけすぎのビックリハウス?(笑)

準備や掃除などひとけのない時に改めてこの空間に居るとき、少しでもきれいで快適に、、と思いめぐらせながらいとおしく眺めています。
床、ずいぶんはげてきたな。。

f0246254_22163136.jpg




[PR]
by floatinghikarun | 2017-03-20 22:38 | タップダンス教室 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://floatinghi.exblog.jp/tb/27655984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 上り 4月1日 >>