2018年 06月 10日 ( 1 )

お別れ


知り合いのおばあちゃま。
とてもお上品で物静かで、
90才を過ぎても毎週、源氏物語の音読会?とやらに出向くようなお元気な方でした。
毎年秋に京都で会いました。
2年程前には一緒に温泉にも行きました。
なぜか私のファンとか言ってくれていた。
昨秋にはお見舞いにも行けました。
大往生なので当たり前だけどやっぱり寂しい。

いつもおっとり静かで口数の少ないお婆様、
いつだったか、
源氏物語は本当に奥深く面白いという話をされて、
老眼鏡から目をギョロッと覗かせて少し大きな声で、
「あら、あなた、恋をしなきゃダメよ、恋をしなきゃ。」とおっしゃった。
その時のキラリんと輝いた瞳、
忘れられない姿です。

合掌


[PR]
by floatinghikarun | 2018-06-10 22:54 | 日常 | Trackback | Comments(2)