<   2013年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

亀岡教室 BIOS

体験レッスン第一弾、亀岡教室が無事に終わり、新規開講できることになりました。

とっても気持ちの良い清潔で明るくきれいなスタジオです。

おもしろかった~。と言って下さりうれしい限りです。

コツコツ積み上げていきたいと思っています。

教室のあるビルのお向かいにホームセンターコーナンがあり、そこで床に敷くコンパネを購入しました。

その時対応してくれたアルバイトの若い店員さんがとっても親切で、思わず、、

「タップダンスに興味ありませんか?今日から教室始めるので興味あったらまた来て下さいね。」

と宣伝してしまいました。彼はさわやかに反応してくれたけど、、、

これってある意味ナンパやな~。(笑)

f0246254_13233550.jpg
[PR]
by floatinghikarun | 2013-02-28 13:28 | タップダンス教室 | Trackback | Comments(2)

こどもレッスン


こどもと言っても小学生から高校生まで幅は広く年代によってずいぶん違いますが、
こどもの反応というのは非常に明確で厳しいものです。
無言ではあっても表情や態度で心情がびんびん伝わってきます。
嘘っぱちは通用しません。ちゃんと見てるし感じている。ある意味残酷。

集団の中での自分の存在というものには敏感で、
できたりできなかったりに一喜一憂しているのがとっても純粋でかわいく思います。
こちらのふとした発言などでは、思ってもいないところで傷ついたりしているかも。。
大人にも言えることですが、こどもは大人以上にやはり敏感です。

コミュニケーションのきっかけを逃さず、こどもたちに私が思うほんとうに大事なことを伝える。
伝わったときにはこどもたちの若さで潤んだ瞳がさらに輝きを増します。
うれしいな、そしてすばらしいなと思う瞬間です。

写真はNYのセントラルパークでノリノリでローラーブレードする大人たちを真似てダンシングするこども

f0246254_1552816.jpg
[PR]
by floatinghikarun | 2013-02-27 02:06 | タップダンス関連 | Trackback | Comments(0)

時間

去年の今頃、私はヨーロッパを旅し、ちょうど1年前の今日はプラハにいました。

中央ヨーロッパで長い歴史と共に常に侵略や影響を受けてきた海のない小さな国。
その中でヴルタヴァ(モルダウ川)はゆったりと流れ、
街の美しさとともに時の流れを感じさせる存在感のある美しい川です。(水はきったなそうだけど)
まさにスメタナの「わが祖国」、モルダウの流れ、、ボヘ~ミア~♪

今は落ち着きのある街です。
豆のスープやソーセージ、チーズ、サラダ、パン、クネドリーキ、
はちみつケーキ、オープンサンド、ビールにワイン、、どれも安くてすんごい美味しかったです。
ピルスナービールはチェコ発祥です。どこに行っても100円足らずでどでかいジョッキが飲めます。

懐かしい思い出です。

人間はもともと不平等にして生まれてくる、と思っています。
寿命もいろいろだし、それぞれの人生の時間は違ってくる。
ですが、時計の針の進み方だけは誰にとっても平等だなぁと思うわけです。


f0246254_1248628.jpg
[PR]
by floatinghikarun | 2013-02-26 12:51 | 日常 | Trackback | Comments(3)

修理とカスタマイズ

カペツィオのK360という有名なタップシューズ。

ビッグスターも履いてるけど私も履いてます。

けっこうな値段がするんですが、これだけ使えば十分役目は果たしてくれてます。

使い始めてもう8年ぐらいになります。

一度メンテナンスに出しましたが、さすがにもう限界かも。。(それでもしぶとく使おうとしています。)

ということで、我流で内側から補強用の皮を貼り付け、失敗を恐れながらも柄でもないキラキラ仕様に。

もう一足同じものがあるので失敗しても大丈夫。

結果、キラ~~ン!悪くないでき。

光りモノや柄モノに移行し始めるって、、、年とった証拠やろか。

ドキッ


f0246254_175008.jpg
[PR]
by floatinghikarun | 2013-02-25 17:56 | タップダンス関連 | Trackback | Comments(0)

悼む人

最近読んだものの中でとても印象に残った本。


「悼ませていただきます。」という言葉には最後までひっかかっていましたし、
ストーリー自体にすごくのめり込んだわけでもないけど。


表紙の写真、舟越桂の作品も要因の一つかもしれない。。
むかし、えらく舟越桂に夢中になって追いかけていた時期があります。
この方のアトリエは(テレビで見ただけ)、それはそれは素敵な私がワクワクするようなものでした。
確か作品は楠が材料で、最後に大理石で作った「目ん玉」を入れるのですが、
その目ん玉作りが非常に興味深かったです。意外と雑に鉛筆や色鉛筆を使って彩色していました。
そして「目ん玉」がとりつけられると作品に静かに気品の満ちた生命が宿るといった感じでしょうか。


ちなみに「目ん玉」が入る前の完成直前の作品はぶきみというか、ある種の力を感じるというか。。
その完成間近な状態の方が、この本の装丁にはふさわしいような気もしました。



f0246254_15345390.jpg
[PR]
by floatinghikarun | 2013-02-23 15:38 | | Trackback | Comments(0)

Greenwich House


昨夜、恩師にお誘いいただき、久々にJAZZライブに行きました。

うわさには聞いてたけど、まじ小さなお店。でも居心地悪くありません。

寒い日に暖かな演奏とお酒と、合間にちょいちょい恩師とのおしゃべり。

(演奏中はお静かに、、の掲示を後で発見。)

で、ほっこり楽しいひとときを過ごしました。演奏ってお人柄がでますね。。

ボーカルの方が有名なタップダンサーのことを名前までちゃんとご存じだったのには驚きでした。

見たことあるかな~。

今夜も焼酎飲みま~す! ショーチュゥ!!



[PR]
by floatinghikarun | 2013-02-20 18:53 | 日常 | Trackback | Comments(0)

JEUGIA MOMO

もうすぐお世話になるJEUGIAカルチャーのサイトをなにげにひらいてみたら、、

載ってました。 どうぞ宣伝してやってくださいまし。

ちなみに写真は今とずいぶん違いますが気に入っています。

阿波踊りに行った時の途中下車時のワクワク写真です。(笑)


「必ずできるリズムタップダンス」

http://www.jeugia.co.jp/new_culture/chairdtl/mkchairdtl.cgi?cid=2&chid=120
[PR]
by floatinghikarun | 2013-02-19 14:25 | タップダンス教室 | Trackback | Comments(0)

ジャズばぁちゃん




これを見るとやっぱり元気になれる!たまりまへん!
全部見てほしいけど、ちょっと長いので時間のない人は最初と12:30ぐらいからだけでも。
[PR]
by floatinghikarun | 2013-02-12 17:28 | タップダンス関連 | Trackback | Comments(0)

リハーサル

久々に歌のショーのゲストお手伝いで出演させていただくために久々の打ち合わせ兼リハーサル。

貴重な機会です。

自分のソロ16小節、まともなものに仕上げたいと試行錯誤中。

曲がいいというか、好みのモノだとなにかしらいいリズムが思いつく。

とは言っても今までに学んだ、手の内にあるものを絞り出すしかない。

タイトルにバラードとつきますが、どう考えてもノリのいいスイング、、、これも広くバラードというのかな。。

これは歌謡曲というものなのか、、やっぱり日本人だからか、妙にしっくりくる。

もしカラオケに行く機会があったら歌ってみよう!


どこまでも満足なんていうものはない気がするけど、限りなく高いところをめざして表現したいと思う。

もちろん、未だ壁は越えられたことがありません。
[PR]
by floatinghikarun | 2013-02-06 15:12 | タップダンス関連 | Trackback | Comments(0)

歌舞伎の神様


市川團十郎、、、いつの興行だったか忘れましたが確か南座で観た助六。

その時、私の中の歌舞伎界NO1の役者さんはこの人だ!と大好きになりました。

黄色の足袋に紫の病鉢巻。歌舞伎ってなんであんなに美しいんでしょう。

花道での姿はただただ粋だとか綺麗とかそういったものを超えた魅力を感じました。

空気です。

どこかブサイクな?表現間違ってるかな、、、

真面目で太くて大きなぶれないものがどっしりとある。

鍛えられた芸とともにその人の人生を見たような気がした時でした。
[PR]
by floatinghikarun | 2013-02-04 15:51 | 趣味・興味 | Trackback | Comments(0)